スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベニスにまつわるエトセトラ

備忘録も兼ねて、所持しているビョルン&ベニスに死す関連アイテムのことを書き留めておこうとおもいます。増えるにつれて随時追記。


◆映画パンフレット(初公開版) 1971年





1971年公開当時のパンフレット。A4、20P、右綴じ。


◆映画チラシ 1971年





B5サイズ。


◆映画プレスシート 1971年






◆非売品映画プレスシート 1971年





A3サイズ。


◆映画ロビーカード(仏) 1971年

ロビーカード

フランス公開時の劇場宣伝用ロビーカード。


◆映画ロビーカード(独) 1971年

ロビーカード

ドイツ公開時の劇場宣伝用ロビーカード。


◆映画パンフレット(復刻版) 1989年






1989年の復刻版パンフレット。A4、28P、左綴じ。
解説文やプロダクションノート、キャスト紹介等、基本的な内容は初公開版と同じではあるものの、全体の構成や裏表紙のデザイン等が違っています。



折り込みポスター付き。



ページ数も増え、こちらには71年ビョルン様来日時の様子なども掲載されています。


◆「ルキノ・ヴィスコンティ特集」映画パンフレット 1999年

ルキノ・ヴィスコンティ特集

ルキノ・ヴィスコンティ特集

ルキノ・ヴィスコンティ特集

1999年に「ヴィスコンティ特集」として、ヴィスコンティ晩年の作品『ルートヴィヒ』『イノセント』『ベニスに死す』『家族の肖像』『地獄に堕ちた勇者ども』5本が連続上映された。
各作品の解説、出演俳優の紹介など。A5、28P。


◆「ルキノ・ヴィスコンティ特集」映画チラシ 1999年





B5サイズ。


◆ニュープリント版映画パンフレット 2011年



映画製作40周年を記念し、2011年10月1日(日本初公開は1971年10月2日)に、ニュープリント上映版でリバイバル公開された。A5、42P。



あらすじ等の映画そのものの解説は最低限で、評論家や作曲家や俳優による映画評論が主。


◆ニュープリント版映画チラシ 2011年





B5サイズ。


◆ニュープリント版映画ポスター 2011年



劇場で使用されていたもの。B2サイズ。


◆ニュープリント版特別試写会招待状 2011年





集英社文庫版『ベニスに死す』はこのリバイバル公開にあわせて刊行されたようです。カバーデザインが同じですね。




◆キネマ旬報 1971年 9月下旬号 No.561 1971年

キネマ旬報

『ベニスに死す』特集とシナリオ、増村保造『遊び』シナリオ、『殺人捜査』研究、パリからのカンヌ問題、日本映画縦断9 邦画五社どこへ行く(5)、ほか。B5、162P。



巻頭にはシーンのピックアップ。

キネマ旬報

キネマ旬報

後のページには、特集研究、シーンごとのストーリー解説など。


◆スクリーン 1971年12月号 1971年



1971年12月号。価格340円。248P。
映画専門雑誌で、様々な映画や俳優たちの記事や写真がぎっしり!
『ベニスに死す』関連は映画記事のほかにビョルンの特集ページも。



素顔のビョルン様は、音楽学校の学生で仲間たちとバンド活動にいそしむ「ごくふつうの男の子」。



折り込みポスター付き。


◆an・an ELLE JAPON No.40 1971年



1971年11月5日号。価格200円。164P。
現在もおなじみの雑誌「an・an」は、もともとフランスの女性ファッション誌「ELLE」の日本語版「an・an ELLE JAPON」として創刊された。
巻頭にはフランス料理の特集が組んであったりと、その特徴が随所に見られます。



『ラブ時間はもうすぐエンド』
文:白石かずこ
モデル:立川ユリ、ジョルン・アンドレセン
カメラ:沢渡 朔
コスチューム:金子 功
ヘア:石田 ヒロ

ここでの表記は「ジョルン」。
7ページにわたってショートストーリーとともにグラビア写真が展開されています。



『ベニスに死す』を彷彿させるようなセーラー服。美しいというよりもかっこいい印象。
『ラブ時間はもうすぐエンド』本文も「水兵」を主なテーマとしています。



「エクセル」の広告も。


◆週刊20世紀シネマ館 No.16 2004年





1971年(昭和46年)の名画特集号。A4変形、36P。
『ベニスに死す』ほか『ライアンの娘』『ある愛の詩』『小さな恋のメロディ』『屋根の上のバイオリン弾き』。


◆タッジオを求めて… 1997年

タッジオを求めて…

タッジオを求めて…

70年にイタリアでテレビ放送された30分の短編ドキュメンタリーで、ヴィスコンティ没後20年を機に、97年に発売されたVHS。
ビョルンのオーディションシーンはそのうちの3分ほど。

VHSでしか発売されておらず、『ベニスに死す』DVDにも収録されていない。
現在DVDでは『ルキノ・ヴィスコンティ DVD-BOX 3』に映像特典として収録(字幕なし)されているのみ?
『ベニスに死す』BDが発売される折には映像特典にしてほしいものです…。


◆映画DVD(初回版) 2010年

DVD

DVD本体は通常版と同様のものですが、初回版はスリーブケースに入っています。


◆DVD特典ポスター 2010年



DVD初回版限定特典のポスター。


◆永遠にふたり 1971年

永遠にふたり

明治製菓「エクセル」CMソング。「永遠にふたり/愛はここに」作詞:阿久悠、作曲:川口真。シングルレコード。価格450円。

青年ビョルン様の低音ヴォイスとTHE・昭和な曲調もあいまってかなり渋い印象。日本語歌詞で歌っています。
ここでも『ベニスに死す』を彷彿とさせる詰襟の衣装。

永遠にふたり

ジャケット兼ブックレット(12P)には軽井沢でのグラビア写真や、レコーディング時の写真、歌詞、楽譜など。
この時ビョルン様、16歳、179cm、61kg。

永遠にふたり

私の持っているものは見本盤なので、ラベルが白です(通常盤はオレンジ)。
ブックレット・ラベルでは「アンドレセン」、ジャケットでは「アンドルセン」表記なのが少し気になります。

それとブックレット内のプロフィールではビョルン様は1月21日生まれと書かれていますが、彼の誕生日は26日だったような…?


◆写真 1971年



ヴィスコンティ、アシェンバッハ役ダーク・ボガード、母親役シルヴァーナ・マンガーノとの写真。
当時の通販で購入できたものだそうです。


◆ブロマイド各種



インチサイズ。この他にも様々なシーンのブロマイドが出ています。


◆雑誌切抜き 1971年



1971年の複数の雑誌からの切抜き。
映画関連はもちろん、二度の来日の際の写真や私生活についての記事など。
映画の中以外の彼の素顔を垣間見ることのできるものは貴重でありがたいと感じます。
スポンサーサイト
[ 2016/02/13 18:09 ] Notes | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。